せどりで仕入れる時は価格は安い商品は要注意

電脳型のせどりで利益を得たいなら、まず商品を仕入れる必要があります。そして、せどりの基本は安く仕入れて高く売る事です。ただ安く仕入れるといっても、商品は慎重に見極める必要があります。あまりにも価格が低い商品は、少々注意を要します。

商品によっては値段がかなり安いことも

サイトによっては、商品の値段が複数表示されている事があります。定価の数字は高めですが、最安値はかなり低めになっている事もあるのです。
例えばある美容関連の商品の場合、定価は5,000円です。しかしその商品には複数の値段があって、3,000円や2,000円といった具合です。通販のサイトによっては、複数の人物が出品していて、この2,000円のような安い値段を付けている事もあるのです。
せどりの基本は、安く買って高く売る事ではあります。安く仕入れたい訳ですから、上記の2,000円の商品は魅力的に見えることがあります。

商品の価格が安くなっている理由と品質

ただ安く仕入れられる商品には、相応の理由が潜んでいることも多いです。まずは理由を考えた上で、商品の仕入を検討してみる方が良いでしょう。
例えば品質です。人によっては、あまり品質が良くない商品を抱えている事があります。何かの拍子に商品に傷が付いてしまい、自分は使う予定はないので、サイトで出品する事もあるのです。しかし傷が付いている以上、定価で出品しても売れない可能性があります。そこで上述のように、2,000円台など低めに設定しておく訳です。

輸入された製品なので価格が安い

品質だけでなく、地域が関わっている事もあります。生産国などは注意を要するでしょう。
幸いにも安く販売されている商品は、サイトで詳細を確認する事もできます。
その際、国産の製品でない事に気が付くケースがあります。輸入品であるにもかかわらず、たまに正規の商品として出品しているケースもあるのです。

安い商品を仕入れるリスク

上述のように理由は色々ありますが、いずれにしても出品額が安い製品は、何らかの理由が潜んでいる事も多いです。安い商品を仕入れてしまいますと、せどりでトラブルになってしまう可能性もあるので、注意が必要です。
例えば自分が買った商品には、目立つ傷が付いているとします。それに気づかずに商品を売ってしまいますと、相手からクレームが来てしまう可能性があります。信頼感が失われてしまう可能性もあるので、価格が低めな商品は要注意です。安い商品を仕入れるにしても、問題ない物かどうか慎重に確認する方が良いでしょう。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です